娘が結婚しました。結構合理的な考え方をする娘で、結婚式はしないとのこと。私は、それならそれでもいいかなと思い、結婚費用にと考えていた300万円を、「新生活に役立てなさい」と言って渡しました。でも、夫は私とは違って形式を重んじるタイプです。「これから社会生活をして行くのだから、初めが肝心。式は挙げる方が良い」という意見でした。両方の意向を伝えて、判断は当事者に任せました。
結局、娘の夫になる人が義理の父となる人の意見を尊重し、家族だけの式を挙げました。それでも、双方の両親、祖父母、叔父叔母、従兄弟たち、合わせて40人ぐらいには来ていただいたでしょうか。せっかく挙げるのだから美味しいお料理を、と娘があちこち調べ、六本木のグランドハイアット東京を式場に選びました。
本格フレンチのお料理は、それはそれは美味しかったです。
花婿は東京出身でご親戚も東京周辺でしたが、花嫁の方は叔父叔母祖父母達が京都から札幌まで、あちこちに散らばって住んでいたので、交通費をお送りし、宿泊の手配もこちらでしました。その時、グランドハイアット東京はお値段が高いので、六本木、赤坂の別のホテルを取りました。それなりに名前のあるシティホテルだったのですが、式場が華やかだったせいか、少し見劣りがし、それだけがちょっと残念でした。
全体としては、何もかも入れても予定していた300万円の範囲内に収まり、美味しいお料理で、とても良かったと思います。プロのカメラマンが撮ってくれた写真も素晴らしく、いろいろな場面を雰囲気のあるスナップにしてDVDに収めてもらいました。
ブライダルフェア@大阪